ファインホームズ社長のブログ

2021.02.07投稿者:伊藤 一雄

オール電化住宅

  昨今、旧オール電化住宅の料金改定についてご相談・愚痴を聞くことが多くなりました。「東日本大震災」以前10年間ぐらいは、光熱費が安くクリーンで快適な家=『オール電化住宅』=蓄熱式暖房システム・給湯システム・調理機=時間帯別契約を選択して「マイコン割引き」を活用させて電気料金を抑える こんな図式でした。
 利用者側からすると、大量の電力を使用するけど「暖かくクリーンな家」、「やりくり~契約」を選択すると深夜電力も三分の一になるし、何よりも大きいのが「マイコン割引き」で、一年中基本料金が大きく値引きされることでした。
 電力供給者は「TVコマーシャル」、冊子等にも有名人を起用して多大なキャンペーンを催し、又、我々住宅会社にも「現場見学会」などの際広告宣伝費等の名目で補助金を給付したり、「勉強会」の名の素いい思いをさせていた頂きました。
 しかし震災後、「原子力発電所」の安全性が問われ確認・補強のため稼働停止となり、休廃止の火力発電所を再稼働して発電することになりました。当然値上げしましたし、燃料調整費も右肩上がりで値上がりしました。度重なる料金体系の見直しで夜間電力のメリットも徐々に少なくなりました。極めつけが今回の「マイコン割引き」廃止です。
 弊社展示場も15年前に建築し、当時はスラブヒーター・蓄熱暖房機で暖房していました。厳寒期で月額3万円程度の電気料金でした。5年前には、厳寒期で5万円を超える金額になり、さすがに断熱強化をして窓サッシをトリプルガラスに交換してエアコン暖房に切り替えました。住宅会社の展示場で最新のモデルに刷新するのは当然なのですが、これが一般の方の住宅となるとそんなに簡単にシフトチェンジできないと思います。
 「電気料金」に関しては今、旧公社以外の会社も売電に参入して調達が困難になり大変な料金になっているようです。弊社のOB様の情報ですが、旧公社の3倍以上の料金になっているようです。『公共料金』ですよね。電気料金は政府が認可すれば値上げできるのだそうです。

2020.11.22投稿者:伊藤 一雄

確かなモノをお届けしたい

 確かな物事は極端な話、自身の身に着けた知識・経験・マニュアル等に現場での仕上がり・収まりが一致している事を自身の目で確かめるのが一番だとここ何年かで気が付き実行しているところです。気力・体力を要するところですが、時間があれば大嫌いだった運動をして肉体と精神を鍛えています。注文住宅ですから、同じものはふたつとなく、プラン・デザイン・仕様等々様々な事をチェックしなければなりません。
 しかし便利になったもので、以前は物件ごとの分厚い図面・仕様書を持ち歩いてたのですが、スマートフォン・iPadで全て確認できます。また、お施主様との毎日の写真等のやり取りもLINE・ショートメッセージで行わせて頂いております。
 昨日は、以前弊社HPよりお問い合わせ頂き、断熱工法にご興味を持たれておられるご家族様を現場案内いたしました。やはり弊社の『住宅性能』に対するこだわりには感心されておりました。半分おせじだとしてもうれしい限りです。

 

 

2020.05.25投稿者:伊藤 一雄

感謝致します

 今月16、17日にお施主様のご厚意にて「完全予約制」の完成見学会を「鮫町忍町」にて開催させて頂きました。想像以上の反響、来場者の多さに驚かされました。
新型コロナウィルス騒動が収まらない中での「不安だらけ」の開催でした。そんな折、気持ちよく二つ返事で了解をしていただきました『清水様』には本当に感謝、感謝、でございます。工事中も毎日のように職人へ差し入れを頂きありがとうございました。
 また、見学会前日に行った『気密測定』も「C値=0.3」という素晴らしい結果が出ました。これもまた現場の大工さん・電気工事担当・水道工事担当・空調設備工事担当の皆さんの真面目な「気密処理」の賜物だと改めて感謝いたします。弊社の売りは『Q1.0住宅』当然「気密処理・断熱施工」は絶対の胆です。ちなみに、北東北3県で「今一番売れている大手住宅メーカー」の数値でもC値=0.59(HP掲載数値)だそうです。
 今後とも、1棟1棟、「間取り」も「外観デザイン」も違う現場で『お施主様の笑顔』を思い出しながら感謝の気持ちを持って、愚直に仕事に没頭してまいりたいと思います。

ブログカテゴリ一覧

月別アーカイブ

住宅ローン・補助金 ファインホームズ社長のブログ ファインホームズのブログ
ファインホームズ株式会社

〒039-1113
青森県八戸市西白山台三丁目23-1

TEL:0178-27-7000
FAX:0178-27-7577